Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Recommend

Selected Entries
Recent Comments
Recent Trackback
Categories
Archives
Bookmark
Profile
Search This Site
Others

脳内旅行社

本を読んで旅しよう
<< 感染 | main | 翳りゆく夏 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
月館の殺人 上 IKKI COMICS
評価:
佐々木 倫子,綾辻 行人
小学館
¥ 1,050
(2005-08-10)
舞台:北海道

 このミス 2007年版でどなたかが絶賛していたので読んでみました。コミック上下巻、内容はミステリです。
 ミステリ「館」シリーズで有名な綾辻行人さんと、動物のお医者さんおたんこナースで有名なマンガ家の佐々木倫子さんのコラボレーション。
 幼い頃に父親と死に別れ、育ててくれた母親も失った主人公の女子高生が、顔も見たことのない祖父から招待された幻夜という豪華な特別列車の中で、同じく幻夜に招待された「テツ」(鉄道おたくの人)たちと殺人事件に巻き込まれます。
 佐々木倫子さんはペパミント・スパイの頃から、登場人物のトボけたキャラクターで和ませてくれるマンガ家さんですが、今回の主人公もポーっとしているかと思えば妄想の世界に暴走するちょっと不思議な人物です。でも、幻夜に乗り合わせた5人のテツたちも負けず劣らず変わり者。人物描写でニヤリとさせます。
 ミステリとしての満足度は、普段本格ミステリを読み慣れた人にとってはそれほど高くないと思います(もちろん、そうは言ってもミステリの基本は押さえていますが)。しかし、ミステリ界とマンガ界のビッグネームに合作させた試みには拍手を送りたいです。そもそも、綾辻行人さんの長編を読むレベルの満足感をマンガというメディアに求めるのは酷でしょう。
 私は昔から旅行好きなせいか、鉄分の多い友達もたくさんいますし、自分自身も電車での旅行が大好きないわゆる「乗りテツ」なので、テツたちが幻夜で巻き起こすさまざまな騒動には思わず笑ってしまいました。
 最近テツが流行ってますよね、しかも一般の人たちの世界で。マンガ「鉄子の旅」もアニメ化されるようだし、なんとKA-TUNの田中君や塚本高史君が鉄道研究会というドラマ「特急田中3号」もやっているし、「負け犬の遠吠え」で有名な酒井順子さんも「女子と鉄道」なんて本を出したりもしているし。(ちなみに私は乗りテツとして、これらの作品はすべてチェックしています・・・。)

北海道ぐるり旅〜北海道観光の情報が満載!


Posted by red2key
北海道 / 00:49 / comments(0) / trackbacks(8)
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 00:49 / - / -
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/28 6:45 PM |
綾辻行人について
綾辻行人綾辻 行人(あやつじ ゆきと)は、推理小説の小説家。本名は内田 直行。京都府京都市生まれの男性である。新本格派ミステリー作家の一人とされる。本格ミステリ作家クラブ現事務局長。日本推理作家協会現会員。生年月日は1960年12月23日で、同じ推理作家の宮部
| ミステリー館へようこそ | 2007/06/04 12:17 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/08 3:49 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/19 1:11 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/29 12:53 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/05 3:44 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/07 5:00 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/08 8:25 PM |