Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Recommend

Selected Entries
Recent Comments
Recent Trackback
Categories
Archives
Bookmark
Profile
Search This Site
Others

脳内旅行社

本を読んで旅しよう
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
青い城
評価:
ルーシー・モード・モンゴメリ
篠崎書林
¥ 1,223
(1983-01)
舞台:カナダ、オンタリオ州マスコウカ地方

 小学生のとき図書館で読んで以来の愛読書。マスコウカ地方を舞台に、母や親戚に抑圧された29歳のオールドミス、ヴァランシーが意中の男性と結婚し、理想の暮らしを始める。たいして美人でもなく、気の利いた会話もできない地味な女性として親戚縁者に軽視され続け自信を持てなかった主人公が、心の中でついていた悪態をある日突然ぶちまけ始め(センスのいい悪態が小気味いい!)、周囲が驚く間もなく周囲の頭の固い大人たちにとって非常識な行動を起こしながら自分の居場所(理想の家=青い城)を見出だし育てていくストーリー展開が爽快。
 平たく言えば昔の少女マンガのような劇的乙女ちっくストーリーで、結末のサプライズもなんとなく途中から予想がつくのですが、それでもイイものはイイ!だって女の子だもん!

「赤毛のアン」をテーマに執筆を続けているフリーライター、奥田実紀さんのホームページ
Posted by red2key
カナダ / 22:41 / comments(0) / trackbacks(7)