Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Recommend

Selected Entries
Recent Comments
Recent Trackback
Categories
Archives
Bookmark
Profile
Search This Site
Others

脳内旅行社

本を読んで旅しよう
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
霧越邸殺人事件
評価:
綾辻 行人
新潮社
¥ 900
(1995-01)
舞台:信州
 この作品の雰囲気や最終的には論理的にまとまる展開が好みです。
 吹雪で滞在することになった霧越邸で、北原白秋の同様に見立てた連続殺人事件が起こります。登場人物は東京の弱小劇団員。
 童謡の見立て、姓名判断、邸内で起こる怪奇現象、謎の人物、そして連続殺人。文学や美術に関する適度な薀蓄も絡めながら次々と提示される謎には、飽きることがありません。そして物語の最後では探偵役の謎解き。すでに提示されていた事実がここで理由を与えられ、なるほど!と膝を叩くことになります。さらに、それだけでは終わらない二重の謎解き。
 言葉遊びに現実離れしたこじつけ感はありますが、だからこそ読み物として面白いとも言えると思います。小説だから文字を使ったトリックを活用できるわけで。現実に近い話は、テレビドラマや映画で実現すればいいですものね。
 ひとつだけ、霧越邸の大仰な見取図の必要性には疑問を感じます(笑)。

Access信州発・長野県の観光情報&宿泊施設の紹介と四季のアウトドアガイド
Posted by red2key
長野 / 00:10 / comments(0) / trackbacks(11)
月光ゲーム―Yの悲劇’88
評価:
有栖川 有栖
東京創元社
¥ 609
(1994-07)
舞台:長野県 小諸駅からバスで行く、長野と群馬の浅間山系架空の矢吹山。

 山で知り合った複数の大学生グループがキャンプをしていると、仲間の失踪、噴火、盗難や連続殺人といった事件が次々に起こります。
 ミステリは納得行く動機があってこそトリックが生きてくると思います。私のその持論からすると、真犯人の動機に共感できなかった分、作品への評価は下がってしまいました。この小説の登場人物である大学生のキャンプ生活や恋愛に感情移入するには、三十路女は年を取りすぎているのでしょう・・・。特徴のない登場人物がやたら大勢いて、誰が犯人か論理的に的を絞れない状況で「読者への挑戦」をされてもツラいものがあります。思春期から大学生くらいのうちに読めば、もっと楽しめたのかもしれません。
 ダイイング・メッセージの謎解きも、ちょっといまいちでした。

小諸市観光協会

Posted by red2key
長野 / 23:43 / comments(0) / trackbacks(5)